「植物へのあふれる思いを感じて…」
牧野富太郎植物画集 ¥1,500/(株)アム・プロモーション


日ごとに木々の緑が色めく季節になりました。道に咲く花々もイキイキとした彩りを目に与えてくれています…!「植物のことをもっと知りたい」と思うこの季節におすすめの一冊「牧野富太郎植物画集」。和紙に墨で描かれた植物の姿は、まるで美しい日本画のよう。発見した植物の姿を余すことなく描いています。その丹誠な描写からは、牧野富太郎さんの植物への愛情が溢れるばかりです。

●牧野 富太郎(まきの とみたろう 1862年〜1957年)日本の植物学者。
天性植物を好み、自らを「草木の精」と称した牧野富太郎。半世紀にわたり読みつがれてきた「牧野日本植物図鑑」の著者、日本の植物分類学の父。牧野博士が生涯に採取した標本は約40万枚。新種や新品種など1500種類以上の日本の植物を命名。小学校中退でありながら理学博士の学位も得て、生まれた日は「植物学の日」に制定された。



取扱店「高知県立牧野植物園」
高知県高知市五台山4200-6
TEL/(088)882-2601・FAX/(088)882-8635
http://www.makino.or.jp/index.html


★Back Numberはこちらからご覧いただけます。
Copyright (c) FIL Sapporo. All Rights Reserved.