ゆめとあくまのこどもたち

2つの現象が上手く合わさると
感情を持ったヒトガタが生まれる。
半分は夢、半分は悪魔の力です。

ストローを口の部分にあてて
心を込めて フッと息を吹き込む。
そうすると、だんだん人形の頬が
赤くなってくるような気がします。

それから、ゆっくり、
コマ撮り撮影という名の
彼等の人生がはじまります。
一緒に 泣いたり、笑ったり。
時には 怒ったり、憎んだり。

始めから声帯が無い為か、
何も話す事は出来ないけれど
声を持たないものは
決して嘘をつきません。

そして、澄んだ瞳の奥には
静かにメロディーが流れています。
音楽は 花であり、闇であり、
匂いであり、言葉になります。

フェルト人形達は教えてくれる。
本当は美しい、醜いもの。
本当は醜い、綺麗なもの。

材料は毛と骨と皮、撮影は儀式。
ストップモーションアニメは
魔術なのです。





ReguRegu(レグレグ)

札幌在住の小磯卓也、カヨによる2人組ユニット。
2007年より自作のフェルト人形による
コマ撮りアニメーションの制作を開始。
原作、撮影、編集、監督、
劇中の音楽の作曲及び演奏も担当。
剥製の動物と人形を組み合わせたオブジェ製作や
イラスト、ポスターデザインなども盛んに行っている。
ブラッドサースティーブッチャーズの
PV2作を含む 初の短編作品集
「ゆめとあくま」が12月14日に
secreta tradesよりDVDで発売。

http://jurando.web.fc2.com/reguregu/reguregu.html



★上映会のご案内はこちらからご覧いただけます。
★Back Numberはこちらからご覧いただけます。
Copyright (c) FIL Sapporo. All Rights Reserved.