祈り

朝に今日一日の無事を祈り、夜には一日の無事を感謝し祈る
仏画の修行で住んでいたネパールの日々は祈りで紡がれていた
仏画を描くことも祈りであり
見ることもまた…


自分の奥がしんとし
ふと からっぽになる
絵から色が流れこんできて
澱をさらっていく

さざめいていた心が平らになる




「阿弥陀如来」

智慧の光明が届かず迷えるこの世のすべて照らす光にして、無限の空間と時間のなかに存在する仏。
極楽浄土をつくり、私たちをその素晴らしい世界に迎え入れるのが大きな役割。
種字は「キリーク」





国井愉希子(仏画師/仏画教室講師)

1976年 登別市幌別町生まれ
札幌大谷短大美術科デザインコース卒業後、デザイン会社や出版社などに勤務
2002年 ネパールの古都、バクタプールでチベット系ネパール人タマン族の師に弟子入り

2004年 2月
仏画の魅力と技術を日本に伝えるべく札幌成田山新栄寺にて仏画教室を開講
兵庫県立美術館での関西仏教美術会のグループ展に参加。個展、仏画教室展等多数開催

2011年
札幌市豊平区平岸「ヒマラヤ圏サパナ」、イオン平岡カルチャーセンター、札幌市中央区山鼻「夢横町」にて仏画教室を開講

問い合わせ/kuniiyukiko@gmail.com
国井愉希子サイト/http://kuniiyukiko.petit.cc/


photo by natura finder
★Back Numberはこちらからご覧いただけます。
Copyright (c) FIL Sapporo. All Rights Reserved.