芍薬「シャクヤク」

一年の約半分が白銀におおわれ、
春になると多種多様なお花が、一斉に咲きほころぶ北海道。
本州では5月初旬に牡丹が咲き始め、その後芍薬が咲きだします。
北海道では1ヵ月遅れて、2つのお花は同時に咲きます。
芍薬は本来春のお花なのですが、北海道では初夏に咲きます。
だから北海道に住む僕は、それほど季節は意識しません。
色や形でも春を感じるお花はたくさんあります。
撮りためた写真の中から、
カレンダーを作るときも<1月は華やかなバラやアマリリス>
というふうに選びます。

今回はあえてモノクロ写真を選びました。
どんな色だと感じますか?
春の色を想像していただけたら嬉しいです。
きっと「チューリップはピンク、バラは真っ赤」
といった先入観があるのではないでしょうか。
色を捨て去ることによって、逆に色を感じることもあります。
芍薬は白、黄色、ピンク、赤とさまざまです。
一番春を感じる色を探してください。
きっとそれが春の花であり、春の色だと思います。

牡丹が「花王」と呼ばれるのに対し、
芍薬は花の宰相、「花相」と呼ばれます。
ボタンが樹木であるのに対して、シャクヤクは草。
5月初旬から6月いっぱい楽しめるお花です。




岡本和行(おかもとかずゆき)

1947年生まれ。
1974 年スタジオK2 設立、現在に至る。札幌市在住。

[主な個展]
2004年 「花美」富士フォトサロン札幌
2006年 「花美」ギャラリーミヤシタ(札幌)
2009年 「花美」ギャラリーミヤシタ(札幌)
2009年 花展 道立帯広美術館(帯広)
2009年 真冬の花畑展 札幌芸術の森美術館(札幌)
2010年 カラーパワー展 道立近代美術館(札幌)
2011年 「パラドックスー花蒐集 hana collection」ギャラリーミヤシタ(札幌)
2012年 500m 美術館後期展(札幌)出版
2007年 写真集「花美」共同文化社

■スタジオK2/札幌市中央区南27条西11 丁目1-1
岡本和行 ブログ/http://studiok2.exblog.jp

●2012年2月4日〜5月6日まで、札幌大通り地下ギャラリー500m美術館にて岡本和行さんの作品が展示されています。http://500m.jp



★FIL全体のBack Numberはこちらからご覧いただけます。
★心象風景 Back Number
2011.3 2011.4 2011.5 2011.6 2011.7 2011.8 2011.9 2011.10 2011.11 2011.12 2012.1 2012.2

Copyright (c) FIL Sapporo. All Rights Reserved.