知床

世界自然遺産に登録された知床
2月、氷点下20度の羅臼港から船で流氷の割れ間を見ながら出航
厳寒地では太陽が見え始めると野生動物は一斉に活動開始。
船を追いかけてカモメの群れも移動する。
青空の下で見る流氷は美しい色に輝く。
知床エリアは大自然が今でも輝きを放つ。




宇津木 圭

1971年生 A型 満月生まれ
株式会社札幌コマーシャルフォト/フォトグラファ-
APA日本広告写真家協会正会員

学生時代から写真を撮り始め写真学校で広告写真を学んだ後、現在の職に付き20年。
アシスタント経験後にフォトグラファーに昇格。
暗室作業からデジタル撮影までオールラウンドに活動中。
現在は広告写真撮影以外にも写真セミナーや新製品のテスト、
新しい写真表現の可能性を探りながらオリジナルの作品を制作し
個展やグループ展等を毎年開催して発表してます。
http://web.me.com/kei.u



★FIL全体のBack Numberはこちらからご覧いただけます。
★心象風景 Back Number
2011.3 2011.4 2011.5 2011.6 2011.7 2011.8 2011.9 2011.10 2011.11 2011.12 2012.1 2012.2 2012.3

Copyright (c) FIL Sapporo. All Rights Reserved.