次の角を曲がれば。

スペインの滞在中、印象的だったのは
それぞれの街角にある広場のにぎわいです。

細い石造りの道をコツコツと歩き進めていくと
建物に囲まれて出来たスクエアのスペースが目の前にパッと広がります。
真ん中にはジャカランタやオレンジの木、ベンチ、時には噴水。
四方にはバルやカフェが立ち並んでいます。
お昼前くらいになると静かだった広場に少しずつ人が集まって来て…
待ち合わせをしたり、おしゃべりをしたり、本を読んだり、ビールを飲んだり。

地区や時間帯によって、その雰囲気やメンバーも変わり、
子供を連れた若い家族が多いスクエアや
おしゃれにきめたおじいさん達の多いスクエア。
ギターを背負った学生達のスクエア。
夜になると、
恋人たちが多くなるスクエア。
眠る前の一杯を飲みにくるスクエア…等々。
自分のお気に入りの場所をしっかり確保して
皆、思い思いの時間をゆっくりと過ごしていきます。

次はどんな広場に出るんだろう、と
歩くのが楽しみでした。

今日も遠く離れたあの街角では、昼間から夜遅くまで
あの光景が繰り広げられているのだなあ、とふと思うと


あ、自分が思っているよりも世界はずっと広いんだった…!


という当たり前のことを実感するのです。




久野志乃 Hisano shino

札幌を拠点として、絵画制作を中心に活動中。
現在、写真家Vicky mendizとの2人展を
スペイン/サラゴサにて開催中(〜7/1迄)。
●SYMBIOSISにて新作が数点発表されます。
(6/2〜6/28迄。詳しくはEVENTをご覧下さい)

1978年 様似町生まれ
2008年 個展『物語の終わりに、』TEMPORARY SPACE(札幌市)
2010年『FIX・MIX・MAX!2』宮の森美術館(札幌市)
2010年『日常にアートを。』ギャラリー門馬(札幌市)
2010年『FABRICATION』冨田哲司との2人展/room11ART SPACE(札幌市)
2011年『AIR3331』3331アーツ千代田(東京都)
2011年『アートプラネッツ2011』JRタワープラニスホール(札幌市)
2011年『500M美術館』札幌市地下歩道(札幌市)
2012年『UTSUROI』Vicky mendizとの2人展/Centro de historias (サラゴサ・スペイン)

http://shinohisano.com/



★FIL全体のBack Numberはこちらからご覧いただけます。
★心象風景 Back Number
2011.3 2011.4 2011.5 2011.6 2011.7 2011.8 2011.9 2011.10 2011.11 2011.12 2012.1 2012.2 2012.3 2012.4

Copyright (c) FIL Sapporo. All Rights Reserved.