舞い上がるための4つの方法

音で舞い上がるイメージをする
出来るだけ深く呼吸をし
身体の隅々まで酸素を染み渡らせる
勢いをつけ過ぎぬようにそっと目に見えない音の翼を羽ばたかせる







「作曲家」
音という目に見えないものを、ひとつひとつ手で紡ぎ、
鼓膜を通して心に音を届けるという職業。

元々この曲は2013年、近しい友人、知人の為に寒中見舞いとして作曲したものだ。
仕事でもなく書いたこの曲は、まさに現在の僕の心象風景である。

僕は写真を撮ったり、絵を描いたり、洋服を繕ったりは出来ないが、
そのかわりに、これからもずっと音楽を書くのだろう。
珈琲を淹れるように、日常として。




( 写真提供/クスミエリカ http://kusumierika.com/ )


佐々木 恒平 / サウンドデザイナー・作曲家
http://koheisasaki.net

1984年生まれ、札幌在住。
幼少よりクラシックギターを宮下祥子に師事。
その後、独学で楽典を学び、2006年頃よりサウンドデザイナーとして活動を始める。
生楽器、電子音、環境音、抽象音など多用する多ジャンルな楽曲スタイルを得意とする。

TVCM、ラジオ、VP、映像作品、様々なショーへの楽曲やサウンドロゴ等の提供、サウンドディレクション等を行い、自身の美容師としての経験や、アート展示企画などの経験からヘアサロン、カフェ、ギャラリーなどの空間に合わせた楽曲も手掛ける。また、2011年より作曲家の傍ら、ギャラリー&カフェsalon cojicaのカフェマネージャーも務めている。

●作曲、編曲等のご依頼、お見積もりは mail@koheisasaki.net まで。




★FIL全体のBack Numberはこちらからご覧いただけます。
★心象風景 Back Number
2011.3 2011.4 2011.5 2011.6 2011.7 2011.8 2011.9 2011.10 2011.11 2011.12 2012.1 2012.2 2012.3 2012.4 2012.5 2012.6 2012.7 2012.8 2012.9 2012.10 2012.11 2012.12

Copyright (c) FIL Sapporo. All Rights Reserved.