春愁ひ ~ Melancolie de printemps ~

曖昧な記憶、 どこか懐かしい香り、
些細な出来事、 心の奥の消えない傷......
穏やかな春の日にも愁いの色は点在する。


強い苦しみや嘆きとは違う、漠然とした悲しみ「愁い」はとても美しい。
ある日ふと見上げた心地よい空に、静かに暮れてゆく夕闇の中に、
ゆったりと風に乗るカモメの姿に、そこはかとなくそれは漂う。
こぼれる小さなため息は、もの悲しいのになぜか心地よく
しっとりと柔らかい幸せを含んでいる。




「展覧会情報」

★西窪愛子 写真展
春愁ひ ~ Mlancolie de printemps ~
会期:2014年4月2日(水)〜2014年4月14日(月)
時間:12:00 〜19:30(会期中無休)
会場:ギャラリー創 / 札幌市中央区南9条西6丁目1-36
http://sou.agson.jp
休廊日:8日(火)




■プロフィール
西窪愛子 / 写真家

銀塩、白黒写真をキャンバス地やアクリル板に焼き付ける手法で
パリの街の心象風景を撮る。
1974年生まれ。札幌出身、パリ在住。
1998年から2003年まで 写真事務所、写真スタジオ、写真現像所などの会社に所属。
2003年に渡仏後、パリ、東京、札幌で個展、グループ展など多数。


★FIL全体のBack Numberはこちらからご覧いただけます。
★心象風景 Back Number
2011.3 2011.4 2011.5 2011.6 2011.7 2011.8 2011.9 2011.10 2011.11 2011.12 2012.1 2012.2 2012.3 2012.4 2012.5 2012.6 2012.7 2012.8 2012.9 2012.10 2012.11 2012.12 2013.01 2013.02 2013.03 2013.04 2013.05 2013.06 2013.07 2013.08 2013.09 2013.10 2013.11 2013.12 2014.01 2014.02

Copyright (c) FIL Sapporo. All Rights Reserved.